患者さんとのコミュニケーション(CSファーマシー)その2


地元の老人会からの要請で「くすり」の講演